カテゴリ

HOME > コラム > FIP(猫伝染性腹膜炎) > FIP治療の報告をしてきました

  • 病名・病状・治療法
  • 体調不良・いつもと違う
  • 予防関係
  • 料金
  • イベント・サービス
  • 動物の種類
  • 学会発表

コラム

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

FIP治療の報告をしてきました



当院でのFIP(猫伝染性腹膜炎)の治療件数がこの1年4か月で140件を超えました。
まとまったデータを地域の学術学会で発表、
興味をもっていただけました。
今回の発表内容は4つの病院のデータをまとめていて、
論文として出せればと取り組んでいるところです。

FIPが不治の病ではなくなりますように。

カテゴリ:

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

同じカテゴリの記事

FIP(猫伝染性腹膜炎)、学会発表と今後の展望



病院をお休みさせていただいて、ご迷惑をおかけしました。

先日、日本獣医内科学アカデミーという

全国から獣医師が集まるとても大きな学会で

「FIPドライタイプに対する

シクロスポリン療法に関する予後因子の検討」

というタイトルで研究発表をさせていただきました。


FIP(猫伝染性腹膜炎)、学会発表と今後の展望の続きを読む

続報:FIPを治療できるものに!治療の3つのポイント

以前のブログ→FIPを治療できるものに!(治療プロトコル掲載)
FIP(猫伝染性腹膜炎)にシクロスポリンを用いる新しい治療法
を報告させていただきました。
その後、紹介したハワちゃんは残念ながら亡くなってしまいました。

今回、シクロスポリン治療が奏効しているゲンちゃん
について良い報告をさせていただきます。 


続報:FIPを治療できるものに!治療の3つのポイントの続きを読む

再稿:FIPを治療できるものに!(治療プロトコル掲載)


2018年8月に広島県獣医学術学会で
 
FIPの治療成績について研究発表を行いました。
 
遅れていますが、その内容も後日
 
アップできたらと思っています。
 
 
 
 
全国からたくさんの問い合わせをいただいています。
 
治療開始が少しでも早い方が効果が期待できますので、
 
気になる方はお気軽にご連絡下さい。
 
 
 
 

再稿:FIPを治療できるものに!(治療プロトコル掲載)の続きを読む

このページのトップへ