カテゴリ

HOME > コラム > 食べにくそう > 院内の検査機器の紹介 (歯科処置機器)

コラム

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

院内の検査機器の紹介 (歯科処置機器)



 今回紹介するのは、今年導入したばかりの新兵器の歯科ユニットです!
この機器は、歯石を除去したり抜歯に使用する機材で、高速ハンドピース、低速ハンドピース、バキューム。。。etc
このように、多く備わっているので、歯石除去から全顎抜歯まで歯科処置では無くてはならない存在です!

 今まで当院で使用してきた機器では、時間がかかっていました。。。。
ですが、今ではこの歯科ユニットのおかげで短い時間で、できるようになりました。👏
なので、わんちゃん、猫ちゃんの身体にも負担が少なくて済みます!



この機器で良くなった症例の紹介
3歳オス去勢猫
 
ある日、食べ方がおかしいと受診されました。
診察し歯周病と口内炎が見つかり、抜歯を行うことになりました。
抜歯を行う前は、口腔内の両端が赤くなっていましたが、抜歯1ヶ月後は口内炎もほとんどなくなり綺麗になりました。
その後は、カリカリのフードもしっかり食べるようになり元気いっぱいに暮らしています!✨







                 抜歯直後
      抜歯前の良い感じの写真がありませんでした。。。







               抜歯後
       少し赤みがありますが抜歯前とは一目瞭然!




食べ方がなんかおかしい気がする、元気なのにごはん食べないなどあれば是非受診してみてください!













カテゴリ:

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

同じカテゴリの記事

猫エイズの猫ちゃんでも治療できます

「口内炎だけど、猫エイズ陽性だったから
もう無理なんでしょ?」
「治療は諦めるしかないんですよね。。」
いいえ、そんなことはありません!
猫エイズは口内炎の発症要因の一つであるのは
事実ですが、口内炎の治療は別問題です。


猫エイズの猫ちゃんでも治療できますの続きを読む

このページのトップへ